家庭園芸用肥料・用土のパイオニア

東商

お問い合わせ

 contact-01  

肥料の使い方や効果



Q肥料の使用期限はありますか?

肥料は安定な物質でつくられているため、使用期限はありません。しかし、水に濡れたり、湿気が高い場所で保管すると、吸水し肥料の性質が変わることがあります。保管中は袋の口を閉じ、湿気のない乾燥した場所で保管してください。

Q肥料を与えた後、どのくらい効果はありますか?
有機原料を主体とした肥料の場合、おおよそ1カ月位の肥料効果があります。
粒の形状・大小、温度条件によって持続期間が変わります。
(粒が大きいものや、気温が低い時には持続期間は長くなります)


Q菜種油かすと東商の醗酵油かすはどう違うのですか?
 
東商の醗酵油かすには、菜種油かすをはじめとして、魚粉・米ぬか・骨粉等の数種類の原料を使用しております。そのため、菜種油かすに比べてリン酸・カリ成分が高く、花付き実付きが高まります。さらに効き方が異なる原料を配合・醗酵しているため、安定した肥料効果があり、様々な植物にお使いいただけます。
 

Q醗酵油かすにカビが生えてきました。植物に影響はありますか?
 
湿度の高い時期、肥料の表面にときどきカビ(糸状菌)が見えますが、このカビは肥料成分を植物の吸収しやすい形に分解するカビです。植物の生育に影響はありません。気になるときには肥料に水をかけてください。
 

Q固形の肥料と液体の肥料を併用しても良いですか?
良いです。固形肥料は徐々に肥料成分が効きはじめます。また乾燥時には肥料効果が緩やかになります。そのよう肥料が不足しがちな時に、液体肥料は肥料効果が速いため、不足を補うことができます。定期的(1週間に1回程)に液体肥料を与えることで植物に充分に栄養を補給することができ、植物の生育が良くなります。(植物が小さい時や弱っている時、また肥料吸収量が少ない植物には規定倍率より液体肥料を薄めにしてご使用ください。)
 


その他

 

Q醗酵油かすを犬が食べてしまいました。大丈夫でしょうか?
醗酵油かすには毒物等は入っていないため数粒程度では問題ありません。しかし多量に食すると健康被害の恐れがありますので、かかりつけの獣医師へご相談ください。【注意】土の上に置いた肥料を食べた場合には、肥料が他の成分(農薬など)を吸収している恐れがあります。