創業50年。醗酵油かすを始めとする有機質肥料の製造販売

東商
トップページ > 製品情報 > なす・とまと・きゅうり肥料
日本語|English  
なす・とまと・きゅうり肥料
nasutomatokyuurihiryo
天然アミノ酸パワーで美味しい
ナス・トマト・キュウリを
どうぞ
450g・2kg
N:4・P:8・K:3・Mg:1.1

tukaikata06
内容物イメージ
なすとま新原料-01

NSbutton02-02


450g
標準小売希望価格
350円(税抜)
入数 40
商品サイズ 150×220×20
JAN_なす・とまと・きゅうり肥料450g


2kg
標準小売希望価格
1,150円(税抜)
入数 12
商品サイズ 220×340×40
JAN_なす・とまと・きゅうり肥料2kg



資 料 パンフレット



なす・とまと・きゅうり肥料LP-01

特長1

なす・とまと・きゅうり肥料LP-02

うま味を高める各種アミノ酸類が効率よく植物に効きます
野菜のうま味を高めるアミノ酸を添加してります。アミノ酸は化学肥料を与えたときに比べ、植物体内の糖消費量が減り、使用されなかった糖は、うま味や成長への栄養として使われます。

特長2

なす・とまと・きゅうり肥料LP-03

美味しさを高める天然原料が80%以上配合してあります
アミノ酸類以外にも、おいしさを高める天然原料を多く配合しております。 天然原料で育てた野菜ならではの歯ごたえ、味わいのある野菜が実ります。

なす・とまと・きゅうり肥料LP-04

なす・とまと・きゅうり肥料LP-05

特長3

なす・とまと・きゅうり肥料LP-06

植物、環境に安心な肥料です
天然原料が主体の肥料ですので、肥料成分が根にやさしく作用し根傷みを軽減します。 また、土壌を痛めにくいので安心して植物に使用できます。

特長4

なす・とまと・きゅうり肥料LP_与え方-07

中・微量要素が丈夫で健康な株に育てます
「なす」「とまと」「きゅうり」は収穫期間が長いため、中・微量要素など各種栄養の欠乏をおこし、生育不良がおきることがあります。本品には、カルシウム、マグネシウム、鉄、マンガンなど「なす」「とまと」「きゅうり」の健康な生育には欠かせない微量要素が含まれています。そのため、病気に強い丈夫な株に育ちます。


使い方

なす・とまと・きゅうり肥料LP_与え方-01

なす・とまと・きゅうり肥料LP_与え方-02

なす・とまと・きゅうり肥料LP_与え方-03

なす・とまと・きゅうり肥料LP_与え方-04

なす・とまと・きゅうり肥料LP_与え方-05

なすの植え付け~動画でどうぞ♪

なすを植え付けよう~なすとまとキュウリの肥料

施肥量


〇菜園

元肥
1㎡あたり 250g
追肥 
ナス 1㎡あたり100g
トマト 1㎡あたり50g
キュウリ 1㎡あたり50g

〇プランター


元肥
土10Lあたり 30g
追肥
土10Lあたり 15g


施肥方法

〇菜園

元肥
植え付け2週間前に土へ混ぜます
【植え付け時期】
ナス 4月中旬~5月下旬
トマト 4月中旬~5月中旬
キュウリ 4月中旬~5月下旬
追肥
3週間に1回、うねの両側に分けて与えます
【施肥時期】
ナス 5月~8月
トマト 5月~8月
キュウリ 5月~7月上旬

〇プランター

元肥
苗の植え付け前に土へ混ぜます
※植え付け2週間前に土へ混ぜておくと肥料効果が高まります
【植え付け時期】
ナス 4月中旬~5月
トマト 4月中旬~5月
キュウリ 4月中旬~5月上旬
追肥
3週間に1回、鉢のフチへ与えます
【施肥時期】
ナス 5月~8月
トマト 5月~8月
キュウリ 5月~7月上旬

ページの先頭へ