創業50年。醗酵油かすを始めとする有機質肥料の製造販売

東商

Howto動画

トップページ > Howto動画 > 健やかなじゃがいもの成長のために~じゃがいも切り口保護材をまこう!

 howyovideo-01


健やかなじゃがいもの成長のために~じゃがいも切り口保護材をまこう!

 



草木灰の代わりに東商の「じゃがいも切り口保護材」を使ってみませんか?

草木灰はアルカリ性なので、ジャガイモの皮がぼこぼこになりやすく、見た目が汚くなったりすることがあります。

弱酸性の「じゃがいも切り口保護材」ならば、アルカリ性にはならないのでじゃがいもを健やかに生育させます。

ゼオライト配合の東商の「じゃがいも切り口保護材」で、種芋を切った時は腐らないように切り口を保護しましょう。

また、「じゃがいも切り口保護材」は、土壌改良材にもなる成分でできているので
じゃがいもを植え付ける時に残っていたらまいてあげると連作障害を軽減し土壌も改良します。

じゃがいも以外にも、挿し木の切り口につけたり、球根を植え付ける時にまいたり
挿し木の切り口につけたり、挿し木を植え付ける土にまいても同じような効果が望めます。

 東商の「じゃがいも切り口保護材」はこちら

じゃがいも切り口保護材400g

 









ページの先頭へ